liZeのムーミン記録。

主にムーミン関連のブログです🗿 ムーミンバレーパークのオススメを紹介していきます🌱写真多めです!!

パンケーキレストラン"Lettula"〜ムーミンバレーパーク〜味の感想、オススメ。

こんにちは。

ムーミン大好きliZeです🗿


今回はムーミンバレーパーク内にある

パンケーキレストラン"Lettula"

についてレポしていきたいと思います🥰

(まだ食べてない物もあるので適宜追加します。)

そしてまことに勝手ながら
⭐5段階で評価したいと思います!

(筆者の個人的見解を含みますが、ご了承ください。)




◎場所

ムーミンバレーパークの入り口にあります✨
上から見ると丸いフォルムしてる可愛らしい建物です🥰

f:id:liZe:20190820192823j:plain




◎メニュー

f:id:liZe:20190820193114j:plain

メニューはパンケーキがメインですが、
ローストポーク、サーモンのローストなど
メインディッシュもありますよ🍖



それでは順番に味レポしていきたいと思います!



レットゥ

レットゥはクレープだそうです!
日本のクレープみたいに薄くはないですが😂

なので少し薄いパンケーキって想像されると
いいかもしれません!!

結構量は多めなので、
2人でシェアして食べるのをオススメします!




ベリーベリーレットゥ (Very Berry Lettula)

f:id:liZe:20190820193421j:plain


¥: 2300円

ベリーがこれでもかっ!!ってぐらいに散りばめられた
贅沢なパンケーキですね🥰

パンケーキとクリームの甘みはありますが
ベリーの甘酸っぱさが絶妙です!!
甘ったるすぎないので大人の方にも嬉しい✨

ちょっとお値段はりますが、
このパンケーキレストランの中では

断トツで大きいです!!!!

(大人2人でちょうどいいです。本当に大きいので注意⚠️)

味も見た目も文句なし!!!!


筆者評価:⭐⭐⭐⭐⭐



シナモンアップルレットゥ

まだ食べてないので次回レポします😭



ほうれん草とベーコンのレットゥ

f:id:liZe:20190820194335j:plain


¥: 1600円

ほうれん草を練り込んだパンケーキに
チーズ、ベーコン、半熟の目玉焼きが
のってます😆

朝食におあつらえ向きですね!

ほうれん草はパンケーキに練り込んでありますが
苦味はほとんどなく香りがする程度なので
お子様でも食べやすいかと思います🧸

上に乗っかったカリカリベーコンとチーズの遠味と
半熟の黄身のまろやかさがgood!!

付け合わせのほうれん草にはホワイトソースが
かかってます😆

甘いのより塩味が好みの方はオススメです♥️


筆者評価:⭐⭐⭐⭐






パンケーキ


こちらはパンケーキです🌱

雲のコットンキャンディーと
切り株チョコレートパンケーキは
元の生地が一緒で、厚いスポンジです。

中にはカスタードクリームorアイス(夏期だけかも)と
ベリーソースが入ってます!

やはりベリーソースの酸味大事ですね💕


こちらも結構量があるので
2人でシェアされることをオススメします!!

(本当に大きいですからね。
筆者は途中でリタイアしそうでした。😂)




雲のコットンキャンディーパンケーキ

f:id:liZe:20190820232527j:plain


¥: 1600円


見た目がだいぶインパクト強いですね😲

雲はわたあめですね。
食べる時は、上からシロップをかけます。

すると…みるみるうちにわたあめが溶けて
パンケーキに甘いシロップがかかります😆
(ぜひ動画でもとってみてください!!)

周りに散りばめられたナッツは
たまに口直しで食べるといいかもしれません🥜

ただ、ちょっと甘過ぎたので星は3つで🙇


筆者評価:⭐⭐⭐



切り株チョコレートパンケーキ

f:id:liZe:20190820232558j:plain


¥: 1600円


見た目もおしゃれな切り株のアートパンケーキ🥰

チョコソースとチョコレート(ココア)ベースのクリームが
パンケーキにトロッとかかっていて美味しいです!

ただ、こちらも食べ進めると少し甘過ぎるかなぁ…
ってことで星3で🙇


筆者評価:⭐⭐⭐




赤と白のパンケーキ (スモークサーモン)

(写真なくてごめんなさい😭)


¥: 1800円

こちらはパンケーキにスモークサーモンと
モッツァレラチーズがトッピングされてます✨

スモークサーモンは仄かに燻した香りがします。
モッツァレラチーズの濃厚さと相性抜群ですね🥰

付け合わせのガーリッククリームをつけて
召し上がってください🌱

こちらも塩味の方が好きな方にオススメですね💕

とても美味しかったので星5をあげたいのですが
ガーリックが結構臭いきつめなので、
口臭ケアは注意が必要そうです🤐

なので今回は星4とさせて頂きます🙇

(ちなみに、スモークサーモンはサイドに単品もありますので、そちらをオススメします!)


筆者評価:⭐⭐⭐⭐




◎終わりに…

以上五種類紹介させていただきました!!

サイドもあるので載せれたらまた今後載せて
いきたいと思います😊

ムーミンバレーパークにお越しになられた際に
役立つと嬉しいです♥️

最後まで読んでくださってありがとうございます🥰



にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
にほんブログ村

ムーミンバレーパークの隠れムーミンキャラクター。

こんにちは。

ムーミン大好きliZeです🗿


今回はムーミンバレーパーク!!!!

の中にあるライト💡

こちらになんと…
ムーミンキャラクター達が隠れているのです✨


(某夢の国でも"隠れ◯ッキー"を見つけるのが
定番になってますもんね!!💕)



話がそれましてすみません😓

全部でいくつあるかは不明なのですが、
筆者が発見したムーミンキャラクター達7人を
紹介していきたいと思います😆



◎どこにいるの?


ムーミンバレーパークのあちこちに隠れています😆

場所は今回は内緒にします。
ぜひ探してみてください!!


ちなみに、筆者は
おさびし山では1人も見つけることができませんでした😭


ヒント…🧸

ライトが並んでいるところに、
屋根がついたライトがあります。

そこに隠れている可能性大ですよ🥰





◎ご先祖さま

f:id:liZe:20190818214851j:plain

f:id:liZe:20190818232752j:plain


まずはご先祖さまですね🥰

ムーミン達のご先祖は3種類いると言われているのですが
このご先祖さまは「ムーミン谷の冬」に登場する
ご先祖さまですね!

筆者はぬいぐるみをもっていますが
まぁモフモフのフワフワでとてもお気に入りです🌱

長いしっぽも可愛いですね♥️




◎竜のエドワード

f:id:liZe:20190818215708j:plain

f:id:liZe:20190818232822j:plain


ムーミンパパの思い出にメインで出てくる
大きな竜、エドワードです!!

短期な性格でかなりこわーいキャラクターなのですが、
偶然にもパパ達を助けてくれるいい奴なんです😆
(本人には全くそのつもりはないのですが。笑)

コミックス版だと少しマヌケなエドワードもみられるので
オススメです🤣




◎スティンキー

f:id:liZe:20190818215746j:plain

f:id:liZe:20190818232836j:plain


ムーミンキャラクターの中でも
結構人気の高いスティンキー✨
私も好きです🥰

ムーミン世界の中で、悪者的な位置付けです🦹‍♂️

ですが、
ムーミンママのハンドバッグを取り返したり
周りに迷惑を振り撒く輩を自分から止めにいったりと
これはこれで愛着の沸くキャラクターです♥️

スティンキーはここでは語り尽くせないので
今後別記事にしたいと思います😊




◎さいごの竜

f:id:liZe:20190818215831j:plain

f:id:liZe:20190818232905j:plain


ムーミンが飼っていた竜ですね🥰

このお話は「ムーミン谷の仲間たち」にある
"世界で一番さいごの竜"に収録されています。


素敵な翠の鱗に紅い炎を吹き出す
素敵な竜なんですよ🐉

詳しくはこちらの記事に記載しているので
良ければ見てみてください!
https://lize.hatenadiary.com/entry/2019/07/22/102433



◎ヘムルの娘

f:id:liZe:20190818215855j:plain

f:id:liZe:20190818232920j:plain


こちらはヘムレンさんと同族、ヘムル族の
キャラクターですね!

(最初プリマドンナと見間違えましたorz)

このヘムルはろうや番をしている従兄弟がいるのですが、
変わりに見張りをすることも。

ですが、情に厚く、優しい性格がゆえ
囚人達を逃がしてしまうのです。
(悪く言えばバカ正直なのでしょう。)

ムーミン谷の夏祭り」に登場しますが、
間違えて捕まえられたムーミン達を逃がしてあげます🧸

おかげでムーミンは家族に再開できたのですがね。笑




◎はなうま/うみうま

f:id:liZe:20190818215915j:plain

f:id:liZe:20190818232938j:plain


おしゃれな花模様の馬ですね✨

彼女達の使命は何よりも"美しくあること"

美意識高いお馬さんです。
同じ♀として見習わなければ…orz

ムーミンバレーパークのワークショップでは
絵つけがあってますので、ぜひお試しあれ🥰



◎スクルッタおじさん

f:id:liZe:20190818215936j:plain

f:id:liZe:20190818232952j:plain


彼は「ムーミン谷の十一月」に登場する
お爺さんです。(おじさんと書いてますが)

スクルッタおじさんは
自分の名前も、知人の顔や名前も
きれいさっぱり忘れたい人なのです。

ですが、綺麗な物や素敵な出来事は
覚えていたいお爺さんなのです✨




◎終わりに…

以上7人を紹介しました!!

また見つけ次第載せていきたいと思います😊


最後まで読んでくださってありがとうございました🌱
それでは✋


にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
にほんブログ村

モランってどんなキャラクター?怪物?怖い?

こんにちは。

ムーミン大好きのliZeです🗿


台風後、一気に暑くなりましたね☀️😵

ということで
少し"涼"を求めて…


周りを氷らせてしまうという…

モラン

こちらのキャラクターについて紹介したいと思います。



涼しくなれー🤪




◎モランとは?

f:id:liZe:20190817235949j:plain


冷たい岩のような生き物。

ムーミン小説の中では孤独や闇の象徴です。


※ちなみにムーミンママとは対照的に描かれており、
モランが闇に対し、ムーミンママは光となっています。


話を戻して…モランの正体は…

スカートをはいたおばあさん

だそうです。


ちなみに人間ではありませんよ。
種族も不明です。




◎性格


モラン自体は声を発することもできないため、
彼女が何を考えているかは分かりません。

ただ、寂しそうに泣いているうなり声が
聞こえることもあるそうです。




◎モランは怖い?

f:id:liZe:20190818000053j:plain


モランは上記でも記述したように
孤独と闇の象徴です。

そのためムーミン達はモランを怪物だと恐れるのです。


そのため、悪い子に
「悪いことばかりしてるとモランにつき出すぞ」
と脅しに使われたりするわけです。



小説「たのしいムーミン一家」では、

トフスラン、ビフスランがモランから盗んだ
宝石、「ルビーの王様」を取り返しに現れます。

ムーミン達はその恐ろしさに動くこともできず
固まったままだったのです。

実際、彼女はムーミン達に何かをするわけではなく
諦めて去っていくのですが、
彼女の歩いた後は白い雪で凍りついてしまったのでした。


まぁこれは、宝石を盗んだ
トフスラン、ビフスランも悪いですけどね😅

それに悪意があって周りを凍らせている
わけではないのです。

そういう力がある?(アナ雪のエルサみたいな…)
という感じでしょうか。



小説「ムーミンパパの思い出」では、


モランの犠牲になった者は、
"悲惨なことに、死に至る"と記載されています。


そんなわけで、ムーミンパパ達一行は
理由は不明ですがモランに追われていた
ヘムレンおばさんを助けちゃったりするわけです。


本当にモランが誰かを食べたということはないのです。

ちなみに小説の中でモランが誰かに
害をなしていることはありません。

それも見た目や偏見がゆえなのです。



そんなモランですが、
小説の中で少しずつ変わっていきます。


小説「ムーミンパパ海へ行く」では、

ムーミンは他の人に内緒でモランに会いに行くのです。


モランは最初は灯りを求めます。
しかし、時が経つにつれ、
ムーミンを求めて彼女は会いにくるようになるのです。

一回だけ嬉しさのあまり踊ったりもしたのです💃


今まで皆に避けられ、化け物と言われた
ただの寂しいおばあさんが
ムーミンに会えて幸せを感じたのです。

なんだか心が温かくなりますよね🥰
ムーミンも素敵です✨



f:id:liZe:20190817235826j:plain


さてと、いい話と思ったあなた。

ムーミンからするとモランの印象は

"怖い"から"うっとおしい"

に変わるのです🤣

なんだそりゃーって感じですよね。

というのも
ムーミンが会わないと(灯りを持ってかないと)
霧笛のように叫ぶから、だそうです。

この温度差。

まぁムーミンらしいっちゃムーミンらしいんですけどね。



◎人気は…?


意外と人気は高い方で(勝手なイメージ)
2018のムーミンキャラクター総選挙では、
12位になってました✨

(おしゃまさんより上なんですよ!!)

実際、作者 : トーベの元へも
モランを幸せにしてほしいとメッセージが
届いたそうです。

モランにもファンはいるんだと
ぜひ伝えたいものですね🥰




◎最後に…


f:id:liZe:20190818000133j:plain


私も好きなモランのレポが出来て、
本当にありがたいです🥰

そして…
あまり"涼"は得られませんでしたね。笑

すみません😓


それでは良いムーミンライフを✨



にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
にほんブログ村

ムーミントロールが可愛い。魅力は?作者はムーミンが嫌いだった!?

こんにちは。

ムーミン大好きliZeです。


ムーミン大好きと言っておきながら

ムーミンの紹介をしていない!!!!


これはまずい。
そこで今回はタイトル通り

ムーミントロール

について紹介していきたいと思います!

前回にムーミンとは?という記事を書きましたが
今回はムーミントロール1人に的をしぼって
書いていきたいと思います😊

ムーミン族については下記からどうぞ↓
https://lize.hatenadiary.com/entry/2019/08/09/071512




ムーミントロールとは?


ムーミン族の1人。
(前の記事でも書きましたが、
動物のカバでも怪物トロールとも違いますよ)

ムーミンの中でも主人公的な位置ですね🥰


スナフキン大親友。

お互いに思ったことを言い合ったり、
スナフキンの独りの時間をを大事にしたりと
とても良い関係です🌱

f:id:liZe:20190812221102j:plain




◎性格


心優しく、考え方も柔軟です。



"世界で一番さいごの竜"のお話では、
竜が自分よりスナフキンのことを好きだと
気づいたときは、
放してあげることができる優しさを持ってます。

f:id:liZe:20190812221154j:plain


そしてジェントルマンですね✨

恋人はスノークのお嬢さんですが、
お嬢さんには尻にしかれており、彼女の願いは
頑張って叶えてあげようとします✨

毎回毎回スノークのお嬢さんに振り回されている
ムーミンをみるとつい応援したくなります!!



また、彼はムーミンキャラクターの中で唯一
モランと心を通わせたことのあるキャラです。

*モランとは…
冷たい岩のようなおばあさんで、誰も近づかない
キャラクター。
モランが歩いた後は草花は氷ってしまうのです❄️

これもムーミンがモランを差別せず
心を通わせたからなのです。


f:id:liZe:20190812221213j:plain


ですがコミックスではまた違った一面をみられます。

コミックス「黄金のしっぽ」では
黄金のしっぽを皆に自慢しひけらかし
スナフキンに釘をさされ、高くなった鼻を
へし折られたりしてました。笑

これはこれで味があって
私は好きなんですけどね😆




◎家族構成

父親 : ムーミンパパ
母親 : ムーミンママ
兄弟 : スニフ、リトルミィ

父母は分かるかと思いますが、
兄弟のところ…

これはムーミンパパとママがスニフ、リトルミィを
養子に引き取ったため、血のつながりはありませんが
兄弟という類になります。




◎可愛いところや魅力は?


なんと言ってもこのもっちり体型につぶらな目と
ちょこんと映えたしっぽでしょう!!

f:id:liZe:20190812221836j:plain

(冒頭でカバではないとお伝えしましたが、
筆者はカバのずんぐりむっくり体型がとても好きです)


ムーミンのぬいぐるみをよく見つけますが
まぁ毎回買ってしまいますね😅

色が白いので汚れの心配だけはあります😩




◎トーベはムーミンが嫌いだった?


実は作者トーベは

ムーミンが嫌いだったのです!!

何故かというと…
ムーミンを描いていた時代。

それは戦時中なのです。

トーベが戦争に怯える中、
ムーミン達は楽観的に日常を過ごしています。

それが嫌だったというトーベ。

そのため、ムーミンへ試練を与えます。

小説「ムーミン谷の冬」はここから生まれたのです。

皆が冬眠するなか目覚めてしまったムーミントロール
孤独に怯え過ごします。
それでもトゥーティッキ(おしゃまさん)の力を借りて
なんとか乗り越えるのです。

f:id:liZe:20190812221247j:plain

そのことをトーベは嬉しく思ったそうで、
その後はムーミンのことを好きになったようです😊

よかったよかった🥰




◎最後に…

いかがでしたでしょうか?

今回はムーミンの中の主役、
ムーミントロールについて紹介させていただきました!

参考になれば嬉しいです🤩


それではよいムーミンライフを✨

f:id:liZe:20190812221316j:plain

にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
にほんブログ村

ONE MORE BITE STAND〜metsä〜

こんにちは。

ムーミン大好きliZeです🗿


暑い日が続きますね
こんな日には冷たい物がほしくなりますよね😎


今回は、metsäに

ONE MORE BITE STAND

というお店が新しく登場したので
こちらの感想を述べていきたいと思います!


f:id:liZe:20190812140452j:plain



◎場所

metsäの中。
ムーミンバレーパークの門の手前にあります。


赤レンガの屋根に水色の小屋なので
ムーミン屋敷の色合いに見えます。



◎どんな店?

夏にぴったり!!
冷たい飲み物とかき氷のお店です🍧

近くにベンチもあります。
森の中なので日陰ですが、
それでも結構暑かったです☀️😵💦


◎メニュー

f:id:liZe:20190812140654j:plain


*かき氷

種類: いちご、マンゴー、抹茶

値段: 1つ 400円


*ジュース

種類:
レモネード、オレンジ、アップル、グアバ
ストロベリーソーダ、マンゴーソーダ、ピーチソーダ
アップルティーソーダ、ベリーティーソーダ

値段 : 1つ 350円


※グァバとは…

グァバのジュース気になったのですが
お腹いっぱいで今回は断念しましたorz

調べると熱帯の果物らしく、
マンゴーや桃みたいな甘さに少し酸味が効いている
とのこと。

飲んだらまた紹介したいと思います。



◎感想

f:id:liZe:20190812143448j:plain


今回はピーチソーダとマンゴーかき氷を頂きました。

ピーチソーダは…

ノンアルコールリキュールにソーダを混ぜた感じなので
甘すぎず、ソーダの苦味も少し感じました😆

なので大人の方で、
飲めない方や運転の方とかにオススメです✨

暑い日にはぴったり!!

色合いもおしゃれなので飲み歩きに
いいな、と思いました🌺

小さいお子様は少し苦手かもしれません。

値段も350円なのでまぁ妥当かと思いました!



マンゴーかき氷…

こちらはフワフワのかき氷です!
まるで雪のようでした☃️
(湿気の少ない日の軽い雪のイメージです。
雪国の方だったら分かるかなぁ…笑)

がゆえに量が少ない😂

1個400円なのでもう少し量があってもいいよなぁ…
と思いました。

しかも夏場なので秒で溶けます。

のんびり食べてるともののみごとに
甘ったるいジュースへ変身🍹笑


ただメニューにも記載されているように
ソースは二段階かけてくださったので
濃厚な甘さは感じられました💕

なのでこちらはお子様にオススメです😆
少しお値段はりますが…



今回はこちらの2つでしたが、
飲み物はシュワシュワ系に加えて

・フルーツを楽しむもの
ティー(紅茶)を楽しむもの

があるのでまた飲んでみたいなぁと思いました!✨



いかがでしたでしょうか?

値段面では少し高いかなぁと思いましたが、
まだまだ暑い日は続くので
しっかり水分をとって脱水予防しましょう!


それでは😊


にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
にほんブログ村

スナフキンって人間なの?ミィとは兄弟?

こんにちは。

ムーミン大好きliZeです🗿



最近バレーパークの紹介が多かったのですが、
改めててキャラクター紹介をしていなかったので
やっていこうかと思います😆


今回は、ムーミンの友達、そして筆者の大好きな

スナフキン


f:id:liZe:20190812005449j:plain


について紹介したいと思います!✨





スナフキンとは?


ムーミントロールの親友。

スウェーデン語では「かぎたばこを吸う人」という
意味もあるそうですよ🚬


小説「ムーミン谷の彗星」で初登場。

ムーミンとスニフがおさびし山へ向かっている最中に
出会いました。


彼は常に旅をしています。

ムーミン谷には暖かい季節に訪れている様子。
(というのも、ムーミン達は冬は冬眠してしまうので❄️)

そして旅の最中で歌や詩をつくり、
ハーモニカで奏でるのです🎵





スナフキンの性格


彼は自由を好み、縛られることを嫌います。

小説「ムーミン谷の夏祭り」では、
公園にある、禁止の看板を全て残らず
引き抜き燃やしてました。

(看板も「静かにしなさい」とか公園に似つかわしくない
ことが書いてあったので気持ちは分かります)

f:id:liZe:20190812005527j:plain


自由に生きている彼ですが、
その言葉1つ1つは重みのあるもので
ムーミン谷のキャラクターの中でも
かなり多くの名セリフを残しています。



また、孤独をも愛します。
(なのでクールなイメージが強いのかもしれませんね😎)


というのも、
素晴らしい歌や詩を作るために集中したいから。

ですが、彼の存在は周りを引き付けてしまうので
相談にくるヘムレンさんやらはい虫やらで
なかなかゆっくり独りの時間を過ごせていません。


小説「ムーミン谷の仲間たち」では、
良い詩を考えていたのにはい虫に邪魔をされ
不機嫌Max状態だったわけです。

(その後、彼ははい虫に名前をつけてあげた
わけなんですけどね。笑)

f:id:liZe:20190812005623j:plain


そして、彼は物に執着しません。
大事にしているのはハーモニカのみ。
それ意外は崖から捨てたりしています。




スナフキンは人間?

人間ではありません。


人間ではない別の種族となっていますが
はっきりとは分かりません。

なぜ人間でないと断言できるかと言うと…

ムーミン図鑑にて、
人間という種族のキャラクターは1人しかいないと
記載されているからです😯

ちなみにそのキャラクターは
"スサンナ"と言いまして、
絵本のみに登場します。
(詳しくは別記事に載せます)





スナフキンの家族


父親 : ヨクサル
母親 : ミムラ夫人
異父兄弟 : リトルミィ、ミムラ姉さん

はっきりと分かるのはこの面子です。


ヨクサルは見た目からも分かりますね😁
がっつり父親似ですね!

f:id:liZe:20190812005655j:plain


ヨクサルがミムラ夫人に恋をし、
スナフキンが誕生しました。
(小説「ムーミンパパの思い出」より)


つまり、リトルミィやミムラ姉さんはスナフキンの姉、
彼は彼女達の弟という立場になるのです。

※ちなみにリトルミィ、ミムラ姉さんの父親は
言及されておらず不明です。


いや、意味深な家族構成ですね…😅


余談ですが…
スナフキンは物心ついた時には
すでに1人で旅をしていたそうです。

(ヨクサルは何やってんだって話なんですけど…)


そんな2人が小説「ムーミンパパの思い出」で
最後再開するのでぜひ読まれてみてください。




◎最後に…

スナフキンについてまとめてみましたが
いかがでしたでしょうか?

また他のキャラクターについても
紹介していきたいと思います!

最後まで読んでくださってありがとうございました✨

にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
にほんブログ村

ムーミンバレーパーク〜海のオーケストラ号、元になった小説は?〜

こんにちは。

ムーミン大好きなliZeです🗿。



以前、ムーミンバレーパークのアトラクションの1つ

メレンフイスケ"海のオーケストラ号"

について紹介させて頂いたのですが、
アトラクションは体験してみたけど、
原作の方はあまり知らない~って話を聞きまして…


なんだか勿体ない!!と思いました。


そんなわけで、
知ればさらに楽しめる!
海のオーケストラ号の原作について
あらすじを紹介していきたいと思います😊

ネタバレ有り。

少し長くなりますが最後までお付き合い頂けると
嬉しいなぁと思います。



f:id:liZe:20190812220717j:plain



◎原作

ムーミンパパの思い出」



◎登場人物

ムーミンパパ

f:id:liZe:20190803152801j:plain

ムーミントロールのパパ。
冒険好き。周りに一目置かれたいタイプ。


フレドリクソン

f:id:liZe:20190803152823j:plain

ロッドユールの叔父。
冒険家で発明家、パパの最初の親友。
私はこの話の中で、彼が1番まともだと思ってます。


ヨクサル

f:id:liZe:20190803152849j:plain

スナフキンの父親。
禁止されることが大嫌い。
自由をこよなく愛する、自由人。
(スナフキンの自由人なところはパパ譲りですね、笑)


ロッドユール

f:id:liZe:20190803152905j:plain

フレドリクソンの甥。スニフの父親。
せっかちで心配性。
ボタン等のガラクタを集めるのが趣味。

ヘムレンおばさん

f:id:liZe:20190803171611j:plain

ムーミンパパがいたみなしごホームを経営。
パパ達の旅の途中でモランに襲われた所を、偶然助けられた。が、次はニブリングにさらわれてしまった。


竜のエドワード

f:id:liZe:20190803171256j:plain

大きくて恐ろしい竜。
偶然にもムーミン達を助けることがある。
(竜の、とつくのはセイウチにもエドワードというのがいるからなのです。)


ミムラ夫人

f:id:liZe:20190803171843j:plain

ミムラねぇさん、リトルミィ、スナフキンの母親。
小さいことは気にしない豪快な性格。


オバケ

f:id:liZe:20190803171944j:plain

パパの友達。
最初は人を怖がらせていたが次第に怖がられなった。
編み物が趣味。


ソースユール

f:id:liZe:20190803172139j:plain

ロッドユールの妻、そしてスニフの母親。
ロッドユールと一緒でせっかちでガラクタ集めが好き。
(スニフは母親に似たんでしょうね。)

ちなみにですが…
スニフにはクロットユールという兄弟がいます。
この子は父:ロッドユールに似ています。




◎あらすじ

ムーミンがうんと小さかった頃。

風邪をひいたパパは、
自分はもう死んでしまうのではないか?
もし死んでしまったら自分の生きてきた証が
後世に残らないのではないか?
と心配し、自伝を書き始めたのです。

(え、風邪ぐらいで?っていう感じですが、笑)

そして、その自伝を子供達に読み聞かせるのでした。



ムーミンパパが子供の頃へ。。。

ムーミンパパはなんと
みなしごホームの前に捨てられていました。
(実は孤児だったのです、出だしがびっくり。)

その孤児院は規則に厳しいヘムレンおばさんさんが経営しており、パパはうんざり。


"おじぎをするときには、しっぽを45度の角度で、上にぴんとたててなければいけなかったんです。"

ムーミンパパの思い出 P.24 から引用。



(確かにこれは面倒くさい。)


嫌気がさしたのでパパは孤児院を抜け出します。


抜け出した先には川があり、
そこでパパは水車を見つけます。

f:id:liZe:20190715232111j:plain


(実はバレーパークの小川にあるんです。)

水車を眺めていると声をかけられました。
それが水車を作った本人、フレドリクソンだったのです。

二人は小川でしゃべって意気投合。

フレドリクソンはパパに仲間を紹介します。

それが、
ヨクサルとロッドユールでした。


そこでパパは生活を始めます。

ひょんなことから海への冒険を決めた彼らは
船をつくります。
(これが海のオーケストラ号です。)

船を森の中でつくってしまったので、船は動きません。

そこで一同は竜のエドワードを騙し、川へ。
森に水を溢れさせたのです。

(その後エドワードは怒ってしまい、パパ達を血眼になって探しはじめます。)

ただ、エドワードのおかげで
船は動き始め、いざ、出発!!

ところが、フレドリクソンはロッドユールを乗せるのを忘れており(笑)、ロッドユールは外の缶の中で助けを求めます。あっ、忘れてたって感じでロッドユールを乗せ、船は出発します。
(↑余談ですが、これがジオラマのショットの元です。)


そんな冒険の中で色々なことがありました。


パパがいた孤児院のヘムレンおばさんが
モランに追われていて、助けたり。
規則に厳しいヘムレンおばさんは、パパ達の生活にいちゃもんをつけ、規則正しい生活にしようとします。

(ヨクサルは自由をこよなく愛するタイプなので、ヘムレンおばさんと真っ向から対立してました。)

するとニブリング(物をなんでもかじっちゃう生き物)が
ヘムレンおばさんをさらっていき、平穏が戻ります。(笑)


あるときは
船に乗るニョロニョロに出会ったり。
(↑これもジオラマにあります)


またあるときは、
エドワードに見つかって上手い言い回しで逃げたり。


そんなこんなで一同はある島にたどりつきます。

島を散策しているとミムラの娘に遭遇します。
(ミムラスナフキンリトルミイの母親です。)

どうしたのかたずねると、
王様の園遊会に母親と兄弟は行っていると。
自分は悪いことをしたからお留守番させられたと。

パパ達一同は王様の園遊会に興味が出て、
ミムラの娘に案内してもらいます。

そこで陽気な王様と逢い、パパはプレゼントをもらいます


f:id:liZe:20190812220753j:plain


f:id:liZe:20190812220649j:plain


"それは客間のかざりものであって、さんごでできたあしの上に、海泡石の電車の模型がのっかっており、二両めの前デッキには安全ピンいれがついていました。"

ムーミンパパの思い出 P.177〜178 引用。


(↑実はこれ、ムーミン屋敷にあるので
見つけてみてください🥰)



そこでヨクサルはミムラ夫人と出会います。
そして2人は仲のいい雰囲気に。
(スナフキン誕生のきっかけですね✨)

"わしのおぼえているかぎりでは、ふたりはいつもいっしょにかけまわったり、声を合わせてわらったりしていたよ。"

ムーミンパパの思い出 P.184 引用


ここでなんとフレドリクソン、パパとの冒険をやめ、
王様専属の発明家になると言い出したのです。

パパは途方にくれます。
自分のこの先の人生、どうしたものかと。
そんな中、パパの話相手はオバケへ。

このオバケ、最初は皆を怖がらせていましたが、
次第に怖がられなくなり、最後は諦めました。
(意外と可愛いんですよ。よく編み物🧶してます)


そんなこんなである夏至の日フレドリクソンの発明品、
新:海のオーケストラ号が完成し、お披露目会が
行われることになりました。
(リトルミイが産まれたのもこの時期です。)


お披露目会が終わり、いざ2度目の冒険へ出発!!

って時にロッドユール、逃げ出します。(笑)

もうしょうがないのでロッドユールおいて
一同は空の旅、そして海へ潜るのでした。


ところが、その海の中で一同は
恐ろしい生き物、"うみいぬ"に出会います。
"うみいぬ"に襲われる一同。
そんな時、間一髪のところで助けが入り助かります。

(ちなみに助けたのはあのエドワードです、笑 。パパ達を追っかけてきて間違えて"うみいぬ"を踏み潰してしまいました。なんて奇跡。)


f:id:liZe:20190812220816j:plain


無事帰還した彼らはとんでもないことを耳にします。

ロッドユール、結婚します!!!!今から結婚式します!!!!と。

なんとロッドユール。
ソースユールと結婚します。
(スニフが産まれるきっかけですね。)

皆はバタバタした状態でお祝いし、
2人はハネムーンへ旅立つのでした。



その後はというと…

パパはのんびり暮らします。
フレドリクソンは発明をし、ヨクサルは気ままに過ごし、ロッドユールはソースユールと甘い生活を送ってました。


とある風の強い秋の日。

パパは海辺で、波にさらわれた
可愛い女のムーミントロールを助け出します。
(これがパパとママの出会いです。)



"すると彼女は、いいようもない目つきでわたしを見あげて、まっかになったではありませんか。"

ムーミンパパの思い出 P.275 より引用




とパパの(自伝)話はこれでおしまいです。


スナフキンとスニフはムーミンパパに
自分の親達は今どうしてるのかたずねます。
でも、パパにも分かりません。



その後、ムーミン屋敷にお客様が訪れます。

それが、
ミムラ夫人、ヨクサル、ロッドユール、ソースユール
そしてフレドリクソンだったのです。

久しぶりの再開に皆は喜び、抱きあいました。

そしてムーミン達(パパ達含む)一同は
今度は家族で海のオーケストラ号に乗って
冒険の旅に出るのでした。


以上が小説のあらすじになります。



私がムーミンの小説の中でもトップで好きな話です🥰


ぜひアトラクション前に読んでほしいのと、
楽しんで頂けたら嬉しいです🥰


今回はざっくりあらすじを紹介させて頂きましたが
原作の方が何倍もおもしろく素敵なので
1度読まれてみてはいかがかと思います!


それでは良い旅を!!🦸




原作はこちら↓

f:id:liZe:20190718001704j:plain


引用文献:
ムーミンパパの思い出」
著者 : ヤンソン 訳 : 小野寺百合子
発行所 : 株式会社 講談社




にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
にほんブログ村